image

imageimage

〜概略〜
リザードン@メガ石Y
[性格/努力値] H12 B112 C164 S220
[実数値] 155-×-112-200-135-162
[技構成] オバヒor文字or放射/めざ氷/ソラビ/気合玉orエアスラor地震or身代わり
[決定力指数] オバヒ58500/放射40500/めざ氷12000/ソラビ・気合玉24000
[物理/特殊耐久力指数] 39455/47556
[調整] HP奇数調整/特化アロー鉢巻ブレバ最高乱数切り耐え/特化ミトム10万ボルト最高乱数切り耐え/めざ氷でH4メガマンダを最低乱数以外で倒す/最速グライオン+1

[役割対象] ナット/(メガ)ハッサム/ガルド/ポリ2/ガルド/メガバナ/ニンフィア/エアームド/(メガ)ヤドラン/ラグラージなど
[運用] 高火力を上から押し付けて相手のパーティに負担をかけています。環境を意識した調整になっているので比較的選出機会には恵まれるでしょう。物理の高火力技が辛いのでカバクレセなどの物理受けを後続には控えさせておきたいところ。


〜初めに〜
C159+日照りにより非常に高い火力を拘らずに実現できるポケモン。日照りは他にも火力の底上げだけでなく水の等倍化、ソーラービームを溜めなしで撃てるなど多くのメリットがあります。
そんなメガリザYですが現環境ではブレバにより上から縛られるファイアロー、最近減少傾向にはあるもののタイプ上不利なばかりか積みの起点にされるメガマンダという面々がいるためXYの時より使用率を落としています。しかしその下にはガルドミトムゲンガーポリ2など比較的優位に立てるポケモンが多いというのも事実です。そこで今回はアローマンダにもタイマンで不利を取られないようにしつつ本来の役割を極力失わないように調整したBCSめざ氷メガリザYを紹介していきます。


〜調整案〜
リザードン@リザードナイトY

種族値
78-84-78-109-85-100(メガ前)
78-104-78-159-115-100(メガ後)
特性 猛火→日照り
性格 臆病
努力値 H12 B112 C164 S220(個体値 V偶UVVV)
実数値
155-×-112-150-105-162(メガ前)
155-×-112-200-135-162(メガ後)

技構成
確定技 オーバーヒートor大文字or火炎放射(複数採用もあり)/めざ氷
優先技 ソーラービーム
選択技 気合玉/エアスラ/地震/身代わり

<火力>
[オーバーヒート](文字は0.9倍、放射は0.7倍することでおおよそのダメージが求まります)
H252サンダー 102.5%~120.8%
H252メガガルーラ 86.7%~102.3%(18.8%)
無振りガブリアス 57.3%~67.2%
無振りファイアロー 80.3%~95.4%

[めざ氷]
H4メガボーマンダ 98.2%~116.9%(93.8%)
無振りガブリアス 96.1%~113.6%(75%)

[ソーラービーム]
H252ミトム 91.7%~108.2%(50%)
H252マリルリ 86.9%~103.3%(18.8%)

[気合玉]
H252ヒードラン 72.7%~85.8%
H252バンギラス 98.5%~115.9%(87.5%)

[エアスラッシュ]
H252メガフシギバナ 65.2%~78%

[地震]
H252ヒードラン 68.6%~80.8%

<耐久>
A252ガブリアス岩石封じ 95.4%~113.5%(75%)
特化メガボーマンダ捨て身タックル 109%~129.6%
特化ファイアロー鉢巻ブレイブバード 85.8%~101.2%(6.3%)
特化メガガルーラ猫騙し 25.8%~30.9%+12.2%~15.4%<猫不意高乱数耐え>
特化メガバシャーモ晴れフレアドライブ67.7%~80%<馬鹿力+A↓晴れフレドラを中高乱数耐え>
無振りメガゲンガーヘドロ爆弾 46.4%~54.8%(61.3%)
特化ギルガルドシャドーボール 48.3%~56.7%(87.5%)
特化ミトム10万ボルト 85.1%~100.6%(6.3%)


〜調整先〜
ステロでHPの半分削られてしまうポケモンなのでHPを奇数にしつつ今回のコンセプトである特化ファイアロー鉢巻ブレバ最高乱数切り耐えを確保、Dは無振りになっていますが特化ミトムの10万ボルトを最高乱数切り耐えする程度にはなっています。また、B振りは決してアローピンポではなくメガガルーラの猫不意が低乱数になり、マリルリの滝登りアクジェも高確率で耐えるようなるなど本来メガリザYを確定もしくは高乱数で倒せていた技に対してかなり強くなっています。
imageimageimageimage
残りはめざ氷でH4メガマンダを最低乱数以外で倒せるようにCに配分し、余りを全てSにぶっぱすると最速グライオン+1となり割と綺麗に纏まります。グライオンは上を取られるとろくなことがないポケモンなので最速個体は多くないとはいえ抜いておいて損はないでしょう。以外簡単に纏めておきます。
imageimage

H 奇数調整
HB 特化アロー鉢巻ブレバ最高乱数切り耐え
HD 特化ミトム10万ボルト最高乱数切り耐え
C めざ氷でメガマンダを最低乱数以外で落とす
S 最速グライオン+1


〜簡易考察〜
メガリザYの一番の魅力である炎技の火力を生かして相手のサイクルに負担をかけていくのが主な仕事です。タイプ上後だししやすいポケモンではないですがそこを補う十分な火力があるためガンガン負担をかけていきます。また耐久振り+めざ氷によりPGL上位12体(1/5現在)のうちガブリアスを除く11体には5分以上の戦いは仕掛けられるのでタイマン性能もかなりのものと言えるでしょう。
一方でガブリアスや既にメガシンカしているメガマンダなどの高火力物理で上から殴られたり、スカーフランドなどに上から岩技を撃たれると厳しいものがあるので後続にはカバクレセなどの物理受けを置いておきたいところです。
imageimage


〜最後に〜
環境的に逆風と言われるメガリザYですが現環境でも十分一線級なポケモンだということが伝わったのではないでしょうか?個体数が減ったことにより警戒もXYよりは薄まり上記の通りガブ以外の上位勢に有利なので現在はかなり動きやすいのではと個人的には考えています。
質問意見等々ありましたらコメントにてお知らせください。