image

image

〜概略〜
ガブリアス@鉢巻
[性格/努力値] 陽気or意地っ張り/B4 AS252
[実数値]183-182(200)-116-×-105-169(154)
[技構成] 逆鱗/地震/エッジor封じ/ダブチョor毒づきor寝言
[決定力指数] 逆鱗49140(5400)/地震40905(4500)
[物理/特殊耐久力指数] 48245/43670
[調整]
陽気:盾ギルガルドH振りメガサナを地震で確定/特化スイクンを逆鱗2発でほぼ落とす/特化カイリュー鉢巻神速ほぼ2耐え/化ボルトのめざ氷最高乱数切り耐え/最速100族+2
意地っ張り:メガクチートを威嚇込み地震で高乱数1/特化カイリュー鉢巻神速ほぼ2耐え/化ボルトのめざ氷最高乱数切り耐え/クレセリアを逆鱗で高乱数2/準速100族+2

[役割対象] サンダー/ギルガルド/ヒードラン/バンギラス/ヒトム/メガリザY/メガガルなど
[運用] クレセさえ安定しない圧倒的火力で相手のサイクルを崩壊させるのが仕事。1度有利対面を作ってしまえば大きな打撃を相手のパーティに与えられます。


〜初めに〜
XY環境で常にシングルレート使用率1位をキープしORAS環境でもここ最近復活の兆しを見せているポケモン。102という絶妙なSに地竜という優秀なタイプ、ATとは思えない耐久、鮫肌という汎用性に優れた特性、しかもメガ枠を消費しないという文句のつけようがない性能を持ちます。今回はメガマンダの影響で物理受けが蔓延る現環境を意識したAS鉢巻ガブリアスを紹介していきます。


〜調整案〜
ガブリアス@拘り鉢巻

種族値
108-130-95-80-85-102
特性 鮫肌
性格 陽気or意地っ張り
努力値 B4 AS252
実数値 183-182(200)-116-×-105-169(154)

技構成
確定技 逆鱗/地震/岩石封じorストーンエッジ
選択技 ダブルチョップ/毒づき/寝言

<火力>カイリューはマルスケ込み、メガクチートギャラドスメガマンダは威嚇込みです。また基本的に性格は陽気で計算、意地っ張りにする利点が大きいもののみ「陽気→意地っ張り」という表記をしています。

[逆鱗]
H4カイリュー 95.8%~113.7%
H4メガボーマンダ 95.9%~113.4%(68.8%)→106.4%~126.3%
H252メガガルーラ 72.6%~86.3%
特化スイクン 49.2%~57.9%(96.5%)
H236ハッサム 44%~52%(14.8%)→
特化クレセリア 43.6%~51.5%(6.6%)→47.5%~55.9%(79.3%)
特化ポリゴン2 41.1%~48.9%→45.3%~53.6%(41.4%)

[地震]
H252盾ギルガルド 108.9%~129.3%
H252メガクチート 89.1%~107%(37.5%)→99.3%~118.4%(93.8%)
H252マリルリ 74.3%~88.4%
H236メガハッサム 55.4%~65.7%

[岩石封じ]
B4メガリザードンX 61.4%~73.2%
特化サンダー 42.6%~50.7%(2%)→45.6%~54.8%(53.9%)
特化ギャラドス 28.7%~34.6%

[ストーンエッジ]
B4メガリザードンX 103.2%~121.5%
H4カイリュー 53.8%~63.4%
特化サンダー 70%~83.2%
特化ギャラドス 47.5%~56.4%(84.8%)→51.4%~61.3%

[ダブルチョップ]
B4キノガッサ 45.1%~54%→49.6%~60%

[毒づき]
H252マリルリ 80.1%~94.6%

<耐久>
特化カイリュー鉢巻神速 43.1%~51.3%(8.2%)
特化メガガルーラ捨て身タックル 62.2%~73.7%+31.1%~36.6%
特化ファイアロー鉢巻ブレイブバード 69.3%~82.5%
特化マリルリじゃれつく 108.1%~127.8%
特化ギルガルドシャドーボール 52.4%~62.2%
C0クレセリア冷凍ビーム 67.7%~80.8%
C252化身ボルトロスめざ氷 85.2%~100.5%(6.3%)


〜調整先〜
素早さは言うまでもなく、攻撃も下手な耐久調整をするよりは相手への負担を大きくした方が良いのでぶっぱ安定。等倍ではスイクンクラスでは受からない火力なので数値受けが可能なポケモンはかなり限られます。
imageimageimage


〜簡易考察〜
基本的に死に出しからその高い破壊力を生かして相手のサイクルを崩壊させていきます。電気岩炎などへの後出しも相手によっては可能ですがその分技を撃ち込める回数は減りめざ氷などのリスクもあるので無理な後出しは禁物。立ち回りとしては序盤は地震岩技ででてくるポケモンを削り相手がある程度消耗した中盤あたりで逆鱗で一気に畳み掛けたいところです。現環境ではS102族はとても高速といえる数値ではないので終盤の全抜きにはそこまで期待はできません。
また扱う上では一致技が共に無効属性がありマリルリクチートマンダアローなどに起点にされる危険性を伴っているのでそのあたりのリスク回収ができるポケモンが是非後続には欲しいところです。上記4体を考えるのであればサンダーなんかはボルチェンでガブリアスの繰り出しもサポートできるという点でも好相性です。
image


〜最後に〜
ORASが発売される前ではガブリアスにはかなり厳しい環境になるという予想もそこそこ見られましたがこの環境への適応力はやはり流石ですね。ここまでくるとどんな環境にしたらガブリアスが消えるのか楽しみに思えてきます。
質問意見等々ありましたらコメントにてお知らせください。